BLOG@か青協

かつらぎ町青年団体連絡協議会(略してか青協)の活動を中心としたblogです。

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kaseikyou

Author:kaseikyou
BLOG@か青協へようこそ!
ここでは活動の告知や活動の報告を中心に行っていきます。
管理人はかつらぎ町青年団所属のサトウリョウです。

最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
ようこそ
Category: スポンサー広告  Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 雑談部屋  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

冷やし中華 はぢめま、、、
世の中の流れにRide on!!

というわけでもないのですが、FACEBOOKハヂメマシタ。

ヨロシク

スポンサーサイト

Category: 雑談部屋  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

タイですたい!
わたくし個人的なことですが、9月末から2週間ほどタイへ出張に行ってまいりました。
仕事でなんですが、初東南アジアということでちょっとお土産話を。

タイへは飛行機で5時間ほど、昼前の飛行機で現地についたのは午後4時30分頃。
空港は新しいバンコク・スワンナプーム空港 に到着。

そこから、工場のあるチョンブリって所までハイウェイで1時間弱走ります。
バンコクから南にあり、今回の洪水の被害はありませんでした。

タイ工場に到着後、宿泊地であるシラチャ―という街に。
この街は日本人街で、たくさんの日本人が住んでいます。なので、日本食レストラン・居酒屋・カラオケ・スナックなどなど日本人向けのお店がたくさんありました。
さっそくトゥクトゥクにも乗りました。
thai_5.jpg

2週間とちょっとの滞在のうち1日だけ観光できる日があったので、バンコクへ行ってきました。
記事を書いてる時はバンコクにも洪水が来ていますが、私が行った時はまだ、バンコクまでは影響がなく、北部のアユタヤの方の洪水がテレビでも連日放送されていました。
バンコクではとにかく渋滞がひどい、、、、
そして向かったのは王宮、エメラルド寺院(ワット・プラ・ケオ)、涅槃寺(ワット・ポー)と寺院ばかり。
バンコクの観光といえば、寺院かショッピング、そして夜の街だそうです。
で、まずはワット・プラ・ケオ。
thai_1.jpg
で、いきなりトラブル。
この寺院には服装の規定があって短パンやスカート、上着もノースリーブやへその見える物では入れないのです。私はハーフパンツだったのでアウト。
ズボンをレンタルして入場するはめに。

中は広く、すべてが金ピカです、ただ、すべてが大小はあるものの同じような造りなので個人的には歩いているうちに少々飽きてきました。
そして、隣接している王宮へ
thai_0.jpg

ここは実際に国王が現在も使用する場所なので建物の中には入れません。

そして次に向かったのは涅槃寺(ワット・ポー)。
ここはタイ式マッサージの総本山。そして有名なのがこれ↓
thai_2.jpg
デカイ、、、なんと45mあるそうです。フレームにどうやってもおさまらん。
そして帰りにはタイ料理を食べて帰りましたが、なんだかんだで仕事以上に疲れた気が、、、

シラチャーでの仕事終わってからの夜は日本食居酒屋で毎日晩御飯を食べていたので毎晩飲んでました。
実はバンコク観光の前日は、現地工場の日本人スタッフと交流会ってことで居酒屋で呑んで、その後、タイのカラオケ(日本でいうスナックみたいな感じ)に連れていってもらい、そして、3次会にシラチャーで働く日本人の方数名とオープンカフェのような飲み屋で飲み会。
かなり呑んだので記憶があいまいなんですが、たぶん3時くらいまで呑んでた気が、、、、

まぁ、いろいろと不安はありながら行った出張でしたが、いい社会勉強にはなったかな?
仕事ではもう行きたくないですが、、、

そういえば、一時期テレビCMでいしだ壱成が「タイは若いうちに行け!」って言ってましたが、やっと意味がわかりましたね。

Category: 雑談部屋  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

いよいよ明日は、、、、
tenki2.jpg

台風がぁ~
くる~~っ!!
はい、現在5月28日午後6時にアップなう。
tenkizu.jpg

tenki3.jpg
明日の予報は、、、雨、、、、間違いない、、、

実行委員長。どうしますか??

来年も続投でしょうか???

とりあえず明日は晴れるように、、、贅沢は言いません。雨がふらないように、願っております。

DSC02099_20110528175159.jpg
こちら天野からみた二つ鳥居付近。ガスってますね。

ついでに、今回、車で乗り入れようかと考えている一里石への入り口。教良寺道からの様子ですが、看板がたってます。
DSC06917.jpg
ここからだと車で直接町石まで乗り入れられそうです。
雨引山と六本杉の中間くらいです。

MAP1.jpg
地図で言うとこのあたりですね。

ああ、しかし晴れる気配がないですねー。
ここから奇跡的な天候回復を0.04パーセントほど期待したいと思います。
こうなると、日程設定も考えないといけないのでは?梅雨入りの時期だし、雨で中止ってのも過去にあったしね。
秋ぐらいとかはどうだろうか。
どうせなら紅葉の時期とかいいのではないでしょうかね。

気分転換にテンプレートを変えてみました。

Continue

Category: 雑談部屋  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ちょいと雑談
みなさまGWはいかがお過ごしでしょうか?
私はLIVE三昧なGWでここ数年の中でも記憶に残るGWとなりました。

えー、気付けばこの活動ブログも3年目に突入してしまいました。
今年こそは何か目新しい記事を書きたい物ですね。

5月に突入して間もなく高野参詣登山が始まりますが、会議、準備、救急法の講習とも平日ということで、仕事のシフトの都合上、私は参加できないので残念です。町石道清掃と当日は参加可能と思います。

では、また。

Category: 雑談部屋  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2011年 青年団研修 番外編 一人旅の巻き
スキー研修となった今回の青年団研修ですが、私はというとスキーの経験が一度だけ。しかも15年ほど前に行ったきりで、その時も誰に教わるという事もなく友人と我流で滑った経験しかなく、スキーをしたという記憶が残ってなくて、今回参加の皆さんのようにウェアなども全く持ってないので当初は不参加の予定だったのですが、せっかくの遠出なので、別行動しようと思い研修には参加したのです。

なんとなく勝山市内の観光地で周れそうな所を調べておいたのですが、甘かった。
深く調べてはいなかったので大変。
まずは交通手段、スキージャムに着く前に降ろしてもらえばよかったのですが、スキージャムから「バスが出ている」という情報はあったのですが時間帯までは見ていなかったのです。
で、スキージャムに着いてから皆さんと別れてバスを探したのですが、、、ない、、、

なんと、朝スキージャムに来る便と夕方に勝山駅に行く便の2便しかない。

orz

仕方ないのでタクシーで勝山市内に。距離にすると10キロほどなのですが、スキージャムへの道は有料道路になっていてその往復の通行料取られるので思った以上の出費に。

とりあえず最初に向かったのは越前大仏 清大寺奈良のだいぶっつぁんよりでかいという大仏を見にタクシーで向かいます。近くまで行くと五重塔が見えてきます。
タクシーを降りて早速敷地内へGO!

えーっと?
・・・・本日はお休みでしょうか?
2011dannken032.jpg
門前町はほとんどがシャッターが閉まっております。
そのまま進んで行くとおばちゃんに呼び止められまして、人型の紙をいただきました。
節分の時期ということで本殿で厄払いに焚き上げてくれるようです。
しかし、人気がない。
若干不安になりながら進みます。
2011dannken030.jpg

天気が良くて五重塔が映えますね。しかし、雪で通路が埋まって五重塔には行けず、、、残念。
正面には馬鹿でかい石の灯篭と狛犬がありますが
このとおり
2011dannken029.jpg
雪で埋まってます。
2011dannken026.jpg
これは笑えた。
2011dannken008.jpg
大門から中門へと抜け大仏殿と向かいます。
スケールの大きさやあちこちの装飾になにやらバブリーな雰囲気が漂い、えもいわれぬ感覚に。
そして、大仏殿に入ると、  

どーーん!

2011dannken015.jpg
でかい。予想以上の大きさと大仏殿内のスケール。
2011dannken019.jpg  2011dannken022.jpg 2011dannken011.jpg
人がいたので安心しました。
その後、越前大仏を後にし、昼時という事もあり近くの蕎麦屋さんへ
2011dannken048.jpg 2011dannken046.jpg
名物のおろし蕎麦をいただきました。
で、次に恐竜博物館へ向かって、途中の温泉でも行こうと考えてたのですが、お店のパンフレットに写真スポットなる物があったのでそれを手に巡回バスでも乗ろうと思ったのですが、本数が少ないうえに巡回バスのコースが駅から市内を一周するので自分のいる所だと恐竜博物館まではえらく遠回りらしいので徒歩で行くことに。
蕎麦屋の主人は「30~40分くらいでつくから」というのでそれを信じたのですが、なにせ豪雪の後、歩道にはまだたくさんの雪が残っています。町中のいたるところで除雪作業する人たちがいます。
2011dannken049.jpg 2011dannken045.jpg
所々に除雪しきれてなくて足を埋まらせながら歩いたり、滑らないように歩いたり、かなり大変です。
途中、「ゆめおーれ」の看板があったので寄り道してみました。
2011dannken036.jpg
繊維産業が盛んだった記念館なのですが、ちらっとのぞいて入り口で入館料いるのか聞こうと思ったのですが、誰もいない、、、で、そのままスルー。
恐竜博物館にむけて歩きます。

が、蕎麦屋をでて1時間。なかなか着きません。ゆめおーれ前を通ったので一本違う道だったので少し遠回りだったのですが、とある交差点を過ぎたところで妙な不安感に襲われて、交差点まで戻ってゆめおーれに来る前の道路方面に向きを変えて歩き出して10分ほどで遠くに恐竜博物館の球状の建物が見えてきました。
この時点でかなりしんどかったのですが建物が見えてきたので「もうひとふんばり」と歩きだしたのはいいのですが、なかなか近づかない。
2011dannken038.jpg
こんなに雪の平原が広がっています。
それを横目におよそ20分ほど歩くとやっと恐竜博物館へと行く交差点に。
長かった、これで、、、、

と思いきや、そこからがまだ遠い大回りして丘を登る道路。見えていた球状の建物が遠ざかって行きます。
やっとの思いで辿りついたのが2時30分蕎麦屋から1時間30分かかりました。
ヘトヘトの思いで館内に
2011dannken055.jpg 2011dannken052.jpg
館内は迫力の骨格の複製が並んでいたり、実物大の動く恐竜の展示、恐竜だけでなく、太古の昔の生物や植物の歴史、鉱物の展示さらには地球誕生の歴史など興味深い物がたくさんあり、時間に余裕を持っていってよかったです。
4時ごろにスキー組と連絡をとって博物館でピックアップしてもらい帰路へと着きました。

撮影旅行のつもりがとんだハイキングになってしまいました。
次回、スキー研修に行くなら岐阜にしよう。そうすれば私は飛騨高山に行って飛騨牛食べに行ってきたいです。

2011dannken040.jpg

夕暮れのスキージャム方面。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。